iPhone

家庭用回線としても使えるの?Try WiMAXを借りてみた!

こんばんは、うに(@uni_ism)です。

先日おうちのADSL回線が突然使えなくなりました。

いろいろあって光回線を引くことになったのですがそれまでおうちにネット環境がない。
それは困ると母が言うので、とりあえずつなぎにTry WiMAXに申し込んでみることに。

実際に家庭用の回線としてTry WiMAXを使ってみて、感じたこと・ポイントを今日はまとめていきたいと思います。

Try WiMAXとは

Try WiMAXとは、WiMAXが約15日間無料で体験できるサービスです。

www.uqwimax.jp

WiMAXは地域や場所によってつながりづらい・速度が遅いなどということがありますが、このサービスを使うことで契約前にWiMAXを試してみることができます。
ルールさえ守れば完全無料で利用できるため、WiMAXの契約を考えている場合は必ず事前に利用したほうが良いサービスです。

【お申し込み条件】
日本国内に在住の20歳以上の方
お申し込み者ご本人様名義のクレジットカードをご登録いただける方
過去180日間以内に本サービスのご利用履歴がない方、また貸出機器の未返却履歴のない方
その他、本サービス利用規約に同意いただける方
引用元:Try WiMAX|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

20歳以上で、クレジットカードがあれば基本的に申し込みが可能です。

わたしが申し込んだ理由

本来は、WiMAXの契約前に体験として利用するサービスですが、わたしは今のところWiMAXを契約する予定はありません。
今回は光回線を引くまでの間に自宅のネット回線を一時的に確保するために利用しました。

ただ、結果としては「光回線じゃなくて、WiMAXでもいいんじゃ?」と思うほど快適に利用できました。

Try WiMAXの申し込みから返却まで

今回が初めての利用でしたが、申し込みから返却まで難しいことは一切ありませんでした。
また、面倒な手続きもなく簡単に利用することができました。

実際の流れを簡単にまとめておきます。

申し込み

Try WiMAXの申し込みは、登録不要でウェブから行うことができます。

www.uqwimax.jp

※ただし、クレジットカードがない場合はウェブでの申し込みはできず、書面での申し込みになります。

すぐ届く

f:id:unism:20180407211758j:plain

申し込みから実際に届くまで、2日しかかかりませんでした。
3/25の夕方に申し込みをし、3/26の13時頃に出荷完了のメールが。3/27の夜には自宅に届きました。

専用の青いパッケージに入って届きます。ちょっとかわいい。
リユースですが特に汚れているということもありません。

簡単に使える

今回わたしがレンタルしたのは、novas Home+CAです。

f:id:unism:20180407211826j:plain

パッケージの内容

  • 機器本体
  • アンテナ×2
  • ACアダプタ
  • LANケーブル
  • 注意事項
  • 説明書(保証書)
  • 返却方法記載のカード
  • 返却用のゆうパック伝票
  • チラシ

以上のものが先ほどのパッケージに入っています。

使用方法はとても簡単です。

コンセントを挿してスイッチを入れたら、一度リセットすれば準備完了です。

スマホを接続するのであれば、ネットワークの中から本体裏面に記載されているSSIDを選択し、同じく記載されているパスワードを入力するだけでOKです。
機器にはWPSボタンもついているので、プリンターなどの接続も簡単にできました。

返却期限まで存分にWiMAXを利用します。

機器の選択

f:id:unism:20180408012403j:plain

今回レンタルしたnovas Home+CA

Try WiMAXではレンタルできる機器が数種類あり、その中から自分で選択する必要があります。

WiMAXといえば、個人用として持ち歩いて使っている方も多いと思います。職場や出先で使ったり、家で使ったり。
そういう場合は、カード型のいわゆるモバイルルーターを使っている人が多いと思います。

今回は自宅に置いて家族と一緒に使うためにレンタルしたので、ホームルーターを選択しました。

コンセントに挿して使用するタイプで、モバイルルーターとの違いは

  • 接続できる機器数が多い
  • 室内でも電波が入りやすい
  • 有線接続が可能

などがあります。

窓際に設置したわけではありませんが、しっかりとつながりました。

電池切れの心配もないので、家の中だけで使う予定であればホームルータータイプがおすすめです。

手間なく返却できる

Try WiMAXは15日間との記載がありますが、実際に使えるのは10日程度です。

というのも、機器が発送されてから返却し向こうに届くまでが15日間です。届いてから、ではないのでその点は注意が必要です。
発送・返却はゆうパックですが、地域により輸送にかかる時間が変わるので事前に調べておいたほうがよさそうです。

返却はパッケージに入っていた返却用のゆうパック伝票で行います。
ほぼ印字済みで届くので、差出人の情報を書き込むだけで準備完了です。
着払いでの返却のため、お金もかかりません。

今回は返却期限が4月9日でした。
調べたところ、我が家から返却住所へは翌日配達だったので、余裕をもって4月7日の午後にコンビニより発送しました。

4月9日の昼頃、機器返却完了のメールが届きました。

Try WiMAXのよかったところ

f:id:unism:20180411012747p:plain

「タダより高いものはない」なんて言葉がありますが、Try WiMAXはタダでとってもお得なサービスでした。

むしろ悪いところがない!

高速で安定した通信

スピードテストとかもやってみましたが、その数値が早いのか遅いのかは正直あまりわかりません。
ただ、わたしの使用用途では、遅い・つながらないと感じることは全くありませんでした。

  • ネットサーフィン(動画はあまり見ない)
  • スマホでのSNS利用
  • FireTVでのアニメ鑑賞
  • 写真をクラウドサービスへアップロード

混みあうと言われている昼時も、FireTVで鑑賞中の動画が止まるといったこともありませんでした。(併用していたソフトバンクエアーは、止まりすぎて見れたものじゃなかった)

また、家族が家にいるときは4~5台の機器を同時に接続しましたが、全く問題ありませんでした。

※今回使用していた自宅は高速通信WiMAX 2+の対応エリアになっています。

勧誘がない

このようなお試しサービスには、しつこい勧誘がつきものだと思います。
Try WiMAXはそういった勧誘が全くありません。

パッケージ内にチラシは入っていましたが、それだけです
利用中・利用後を通して勧誘は一切ありません。電話もメールもありません。

無料なのに、勧誘もせず。これでいいのかとちょっと不安になりますが。

まとめ

家にネット回線がないことが、こんなに不便だと思っていませんでした。
Try WiMAXは我が家にとって救世主でした。

無料でこれだけのサービスが利用できるならば、利用しない手はありません。
特に今後WiMAXを検討している方は必ず利用すべきとも言えます。

自宅用回線としても、今回利用したホームルーターは必要十分で光回線なんて不要なんじゃ…と思っています。

ちなみに今自宅回線の代替としてい来ているソフトバンクエアーとは全く比べ物にならない程の通信速度でした。

来月に引っ越しを控えているわたしですが、次回のネット環境はWiMAXで十分じゃないかなとひそかに思っています。