ワンコ

【レビュー】コムペットミリミリEGを2ヶ月まるまる使い倒してみた

いろんなところにワンコと二人でお出かけしたい

電車や新幹線で使えるペットカートが欲しい

この記事では 公共交通機関を含めさまざまな場面で使える、オールマイティーなペットカート「コムペットミリミリEG(エッグショック)」をご紹介します。

ペットカートは、混雑するイベントでの利用や暑さ対策としてとても便利です。

一方で、種類も多く価格も決して安くはないので購入の際には迷うことも多いですよね。

わたしも購入前に色々なカートを比較し、試乗もしました。その結果、オールマイティーに使えるコムペットミリミリEGを購入しました。

コムペットミリミリEGに決めた主な理由は3つです。

  • 公共交通機関で利用できる(条件あり)
  • 軽量で一人で持ち運べる
  • 信頼感のあるメーカーである

 

コムペットミリミリEG(エッグショック)を購入したことで、ワンコとのお出かけが楽しくなり、一緒にお出かけする機会が増えました!

 

実際に2ヶ月使用してみてとても満足していますが、少し残念なポイントもありました。
コムペットミリミリEG(エッグショック)の魅力からデメリットまで包み隠さずレビューします。

ペットカートの購入を検討中の方は必見です!

我が家のわんこ(カート購入時)

  • 犬種:Mix犬(トイプードル×ミニチュアシュナウザー)
  • 年齢:6ヶ月
  • 体重:5kg
  • 体長:40cm 体高:30cm
  • 性格:とても活発なやんちゃガール
  • 主な使用シーン:街乗り・公共交通機関利用でのおでかけ

 

コムペットミリミリEGはコンビが作ったペットカート

 

コムペット(compet)は、ベビー用品メーカーとしておなじみの「コンビ(Combi)」から生まれたペットブランドです。

コムペットがてがけるペットカートには、この記事で紹介するコムペットミリミリEG(エッグショック)以外にも多数のラインナップがあります。

そのどのペットカートにも言えることが、 赤ちゃんを乗せるベビーカーのように厳しい安全基準と品質基準で作られている ということです。

 

コムペットミリミリEGなら新幹線にも乗れる

ペットカートを購入する際に一番重視したのは、公共交通機関に持ち込めるどうかです。

 

コムペットミリミリEG(エッグショック)はJR・新幹線に持ち込むことができました。(2019年7月現在)

 

公共交通機関にワンコを乗せる際の規定は会社ごとに異なります。中でも一番厳しいと言われているのがJRです。

JRの規定は

  • 長さ70センチメートル以内で、タテ・ヨコ・高さの合計が90センチメートル程度のケースに入れたもの
  • ケースと動物を合わせた重さが10キログラム以内のもの

と定められています。

 

ペットカートは、車体部分のサイズが規定をオーバーするため基本的には持ち込み不可ですが、車体とキャリーバッグ部分が分離する場合には持ち込むことができます。

コムペットミリミリEGはキャリーバッグと車体が分離するため、新幹線など公共交通機関への持ち込みが可能です。

またキャリーバッグも規定の「タテ・ヨコ・高さの合計が90センチメートル程度」をややオーバーしていますが、問題なく乗車できました。

規定のサイズはあくまで「程度」なので、目安と思ったほうがいいでしょう。

うに
うに
不安な場合は最寄り駅で聞いてみよう!

 

新幹線で利用した際の体験記については、後日別記事にて紹介予定です!

 

コムペットミリミリEGは軽量でお出かけらくらく

コムペットミリミリEGは車体(3.3kg)とキャリーバッグ(1.9kg)を合わせて5.2kgです。

超軽量とはいえませんが、同等の性能を持つペットカートの中では軽量な部類に入ります。

3.3kgの車体は、女性でも片手で充分持ち運ぶことができます。

 

電車内や駅構内、天然芝のドッグランなどではカートの使用ができない場合があります。

カートが使用できない場面でも、とても軽いので簡単に車体を持ち運ぶことができますよ。

 

コムペットミリミリEGは5秒でたためてコンパクト

コムペットミリミリは3段に折りたためるのも魅力の一つです。

  • 折りたたみやすい
  • 折りたたんだ状態でコンパクト

という点が、特に気に入っています。

 

5秒で簡単に折りたたみ

折りたためるペットカートは多数ありますが、折りたたむ際にベルトで止めたりスタンドを立てたりと手間のかかるものがほとんどです。

コムペットミリミリEGなら、5秒で折りたたむことができます。

もちろん、開くのも簡単です。

 

スリムでコンパクトなのに自立する

電車内で自立するコムペットミリミリEG

コムペットミリミリEGはたたむとコンパクトなのにしっかり自立します。

ポイントは3段に折りたためることです。

新幹線の車両最後部の隙間に立てたまま収納したところ、新大阪→東京間で一度も倒れませんでした。

 

狭い玄関にも置けるコムペットミリミリEG

 

また、2段に折りたたむタイプよりも圧倒的にコンパクトで、我が家の狭い玄関に置いても圧迫感はありません。

 

自宅以外でも、タクシーを利用した際には足元に置けたり、友人のマンションでも玄関に置けたりと、場所をとらないので気兼ねなく持ち出せます。

 

我が家の車はコンパクトカーですが、トランクにしっかり積むことができました。上にも書いた通り、車体は3.3kgの軽量なので女性でも簡単に積み下ろしできます。

 

うに
うに
体感的には、ゴルフバッグよりスリムだよ

 

コムペットミリミリは丸洗いできて清潔

ペットカートの多くは、お手入れの際は水拭きを推奨しているものがほとんどです。

 

コムペットミリミリEGはキャリーバッグのカバーを丸洗いすることができます。

 

キャリーバッグの洗い方はとっても簡単。

  1. 水・またはぬるま湯で優しく手洗い
  2. 軽く脱水して形を整え陰干し

※漂白剤・乾燥機の使用は不可

 

我が家は、ドッグラン帰りのどろんこの状態で利用しているので、キャリーには泥汚れやシミがついていることもよくあります。そのため、丸洗いできるというのは安心感があります。

ただ、長年使用していてもキャリーバッグは特に汚れていないという意見もあります。

 

キャリーバッグが汚れるかどうかは使い方次第です。ただ、ワンコが粗相をしてしまったり、嘔吐して汚してしまったりなんてこともあるので、洗えるに越したことはありません。

 

丸洗いできるのは

  • キャリーカバー
  • 底板カバー
  • 下部カゴ

の3つのみ。

幌(ドーム屋根)は洗うことができないので、拭いてお手入れを。

 

コムペットミリミリEGは段差に弱い

2ヶ月間ほぼ毎日コムペットミリミリEGを使ってみてわかったコムペットミリミリEGの残念なポイントはたった一つ。

 

コムペットミリミリEGは段差に弱い。

 

横断歩道のちょっとした段差も引っかかることがあるし、踏切も直進で入ると引っかかります。段差に引っかかるとワンコにも振動が伝わるので、段差の多い道ではワンコもそわそわしています。

 

徒歩20分ほどの距離をほぼ毎日利用しているのですが、必ず引っかかる段差が2か所、たまに引っかかる段差が1か所あります。

段差で前輪を持ち上げるためのフットレバーなどもないので、段差のたびに手間がかかりストレスになります。

段差によるストレスが多くなるので、街乗りをメインで考えている方にはおすすめできません。

 

街乗りがメインで乗り心地を重視する場合は、エアータイヤを採用しているエアバギーがいいでしょう。ただエアバギーはかなり重たいので、公共交通機関での利用はまず無理です。

逆に、公共交通機関を利用したときには駅や周辺のバリアフリーが進んでいて段差はほとんどありませんでした。公共交通機関などのシーンをメインで利用する場合は、コムペットミリミリEGは大いにアリです。

 

うに
うに
電車でのお出かけにも使う我が家にはぴったりだよ

まとめ:コムペットミリミリEGでワンコとお出かけが楽しくなる

コムペットミリミリEGで向日葵畑へ

コムペットミリミリEGの魅力は3つのポイントです。

  • 公共交通機関でも使える、軽量でコンパクトな設計
  • 汚れても丸洗いできるキャリーバッグ
  • ベビー用品メーカーが作った、安全・安心なペットカート

コムペットミリミリEGを買ったら、ワンコと2人でのお出かけが楽しくかつ楽になりました。一緒に遠出をすることもできましたよ。

他にもいろんな場所に出かけてみたいという夢が広がっています。

うに
うに
みんなもコムペットミリミリEGでワンコと楽しくお出かけしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です